もののaware

飛騨にありて福島を思う

なにもしない時間


f:id:tamayosu:20210221183912j:image

先週の福島県地震、実家のある石川町はそれほど被害が無かったようです。しかし県内では人的被害や土砂災害が確認されました。

震災・原発事故から10年の節目を迎えるこのタイミングでの最大震度6強地震に、何かを感じてしまいます。コロナ禍の今、もし東日本大震災級の地震が起きたら、どうしよう?どうにかするしかない。でも、どうにかする準備が出来ているのかというと自信を持ってハイとは言えない。改めて持ち出し袋を整理しようと思います。

 

さて、今日のテーマは「すきま」。毎週日曜は家具屋でアルバイト。一日の作業を終えて、店内の灯油ストーブに電動ポンプを差し、スイッチを押したあと、思わず、ふぅと息をつきました。そしてふと思いました。「今おれ、なにもしてないな」って。

 

なにもしていない、とは、文字通りなーんにもやってないという意味です。いかに、自分の生活は「何かをする」ということで埋め尽くされているかに気付きました。それが例え、休んでいる自由な時間であっても。

 

最たる例が、スマホをいじるということ。一息つく時でさえ、無意識にスマホを触ってウェブ閲覧やSNSを見てしまう。休んでいるように思えて、実はスマホから情報を得ることに注力してしまっています。結果それは真に休めていない。

 

一方で、給油をしているときは、タンクから溢れないように気にしている必要があるし、灯油ポンプ触った手でスマホなんて触る気にはなりません。他のことをする余裕も実は無い。しかも給油の時間自体はそんなに長いものではない。だから必然的に、「なにもしない」時間になるのですね。そしてそれが最近の自分にとって、数少ない真の休み時間になっているなーと思いました。

 

さて、そんな時間がどれだけ自分に訪れるだろう。上手く休むってのはこんなに難しかったのかね。

 

給油が終われば、現実に戻されるような感覚がします。今日は一人回転寿司を食べて、明日に備えることにします。

 

そろそろ暖かくなってきて、給油の機会も減っていくかな。それまでに、真に休める時間を作れるようにしないとな。

ブログランキング・にほんブログ村へ

木の贈り物

箸を作っています。工房を卒業していく先輩へのプレゼントです。

 

箱とかスツールとか、機械加工がメインのものは作る機会が多いけれど、一から手で仕上げていくカトラリー系は作ったことあまり無かったなと思います。

やり方はシンプル。傾斜の付いた溝を彫って、そこに材料の9mm角程度の木を置いて、傾斜の分はみ出た部分をカンナで削る。

 

僕がちょくちょくお世話になっているヒダクマさん(株式会社飛騨の森でクマは踊るさん)でも先日ワークショップが開催されていたようですね。見に行きたかった!

箸づくりは木工に馴染みのない人でもお手軽に挑戦できるし、プロがやりこもうと思えばいくらでも趣向を凝らせる、とても良いワークショップになりそう。

この前は工房の仲間と、どうやったら五角形の箸が作れるかと議論して、結論、今の俺らには無理!となりました(笑)その後ネットで調べても、確かに五角形は難しいとのこと。ちなみに写真の方法では四角形ができます。そしてその角を落とせば八角形もできますね。

 

誰かへの贈り物を持っている時間、作っている時間は、そわそわして、自分がなんだか嬉しくて楽しい気分になりませんか。例えば家族や友人へのお土産を選んでいる時間とか。

 

工房内では、箸チームとお盆チームに分かれて、お膳セットを贈ろうとしています。先輩に見つからずコソコソやるしかないのと、それとは別にスツール作りの課題もあるので、ここから3月までは本当に忙しい!気合を入れて春を待つ!


f:id:tamayosu:20210207080847j:image

ブログランキング・にほんブログ村へ

心を温めるソウルフルな音楽3選

年が明けてからの数週間、自分の中でやってみたいこと、面白そうなことが次々と出てきて、しかしそれを実現する時間的・精神的余裕が無く、モヤモヤし続けております…。一旦立ち止まって、頭の中をリセットして、整理する時間が欲しい、皆さんはそんな風に思ったことはありませんか?。

そんな時僕は、ソウルフルな曲から元気をおすそ分けしてもらうことにしています。心の奥からじんわりと温かくなり、不思議と心が落ち着いてくる、今日はそんな曲をご紹介しします。

 

1.Somebody Else's Guy / Jocelyn Brown1984年)

出だしのパワフルな声と切なげなピアノに聴き入っていると、いつの間にか横ノリのミュージックに合わせて体が動き出し、こころも体も温まっている、そんな曲。何回聴いてもとりあえず元気が出てくるので、困ったとき、追い込まれたとき、とりあえず流します(笑)ブラックミュージックって素晴らしい。

Somebody Else's Guy

Somebody Else's Guy

  • provided courtesy of iTunes

 

 2.夏の子午線 / 久保田利伸(1992年)

 日本のR&B、ファンク、ソウル界をけん引する久保田利伸。昨年ようやくサブスクリプションでの配信が解禁され、僕は一人歓喜していました。「LA・LA・LA LOVE SONG」や「Bring Me Up!」など、リリースする曲はことごとくヒット曲なのですが、「夏の子午線」はそれほど有名な曲ではないかもしれません。それでもこの曲を聴くと、体がじわぁ~と温まってくるんです。寒い冬ですが、夏の景色を思い出しながらどうぞ。

夏の子午線

夏の子午線

  • provided courtesy of iTunes

 

 3.If I Ain't Got You / Alicia Keys(2003年)

落ち着いた曲調と力強い声に引き込まれるこの曲は、2005年グラミー賞で最優秀女性R&B楽曲賞を受賞しています。情熱的な歌詞は、とてもシンプルな英文なので、何となく意味を理解しながら聴けるのも嬉しいです。もちろん原曲も素晴らしいのですが、何よりアコースティックなバージョンがとても素晴らしいので、ぜひご試聴ください↓


Alicia Keys - If I Ain't Got You (Stripped)

 

コロナウイルス、寒い冬。辛いことの多い今ですが、少しずつ、身体を大事に、無理せず一歩一歩参りましょう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

農学系学生の進路と第1次産業

先日、とあるシンポジウムで見かけた統計データが印象に残っている。全国の農学系大学生の進路先内訳というものだ。

 

改めて最新の学校基本調査(令和2年度)を見てみると、その内訳は以下のようになっていた。

f:id:tamayosu:20210111193232p:plain



何よりも印象に残っているのが、第1次産業である農業・林業に就職する学生の割合が全体の4%にとどまっているということだ。

職業に貴賤は無いのは当たり前のことである、と断った上で言うと、やはり少し寂しい結果に感じる(そういう自分は新卒で公務員になっていたが・・・)。

 

日本の食を支える「農」、国土の7割を占める森林に携わる「林」、この2つの産業がいかに重要なものであるかは言うまでもない。一方で、従事する方々を別の立場からバックアップするという職も重要だ。さらに言えば、どんな産業も、巡り巡って第1次産業に少なからず関わっているだろう。しかし、最後はやっぱり現場、現場なんだ。農水省で働く人の何割が土を耕したことがあるのか。死傷者年千人率()が全産業中最も高い林業の世界を覗いたことがあるのか。

 1年間の労働者千人あたりに発生した死傷者数を表す数値。令和元年度:全産業平均2.2に対し林業20.8ちなみに次点で木材・木製品業の10.8。

 

僕が林業行政職時代に感じたこと、そして退職し木工を始めてからも思うこと、それが「当事者意識の無さ」。あの時、自分は林業従事者の皆さんと同じ目線で森を見ていたつもりで見ていなかった。やっぱり心のどこかで、自分は当事者でないと思ってしまっていた。

 

そんな自分が、現場が大事と言っても説得力が無いが、反面教師として多くの学生に見てもらいたい。どんな職業に就いても、現場と同じ目線で見ること。これが大事。新卒で第1次産業に就かずとも、巡り巡って就くのもアリだ。僕の大学時代の友人の一人は、修士号を取ったうえで林業の現場へ飛び込んだ。彼はなにか面白いことをしでかしそうだ。

農学系学生が、現場に期待される人材であってほしい。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

湖の底から

2021年1月1日の朝、日本海側は大雪に見舞われる一方で、地元である福島県石川町は冬晴れだった。空気の清々しさのあまり、用足しに出かけるついでに少し車を走らせてみたくなった。

 

石川町を流れる北須川。春には川沿いに桜が咲き誇る素晴らしい川で、この上流には千五沢ダムがある。もともとは灌漑用のダムであったが、現在はこれに治水機能を付け加えるための工事が行われている。

f:id:tamayosu:20210107202937j:plain

治水機能付加工事中の千五沢ダム

 

ここのダム湖を母畑湖といい、これを見下ろせる場所までドライブ。元日の朝にはさすがに誰もいないだろうと思いきや、うっすらと積もった新雪の上に車の轍があったのには驚いた。

f:id:tamayosu:20210107202918j:plain

先客がいたようだ

 

渇水のため、ダム湖の底が見えていた。しんと静まり返った森の中、雪と水と土の織りなす芸術的な模様に、しばし見とれていた。湖底には動物の足跡があり、人生がサバイバルの彼らは、人間のように年末年始の慌ただしさに振り回されている暇はないのだろうと思った。

f:id:tamayosu:20210107202847j:plain

水と雲だけが流れていた

f:id:tamayosu:20210107203002j:plain

早起きな誰かの足跡

 

母畑湖を後にして、近くの千五沢神社へお参りに。境内の片隅には、千五沢ダム建設に関わる碑文が残されていた。これによると千五沢ダムのある地域は、かつての白河藩主・松平定信が家臣に命じて開拓させた地で、かつての名は南須釜村、現在は玉川村南須釜としてその名を残している。

そして千五沢ダムの建設により、集落の一部が母畑湖に水没したこと、それにより多くの人々が先祖伝来の地を離れざるを得なかったこと、南須釜を離れた方々の名前が記されていた。

さらに、広報いしかわ12月号によると、その多くは石川町の沢田地区へ移住したという。碑文には、見覚え、聞き覚えのある名前が多く記されていた。

僕の祖父もその一人。父も少年時代を千五沢で送った。千五沢は僕のルーツだ。

昨年度の台風19号により石川町内も甚大な被害を被った。進行中のダムの拡張工事が終われば、石川町が水害で悩まされることも減っていくことだろう。

阿武隈高地の深い山々と祖先の皆様方に合掌。千五沢永遠なれ!

ブログランキング・にほんブログ村へ

謹賀新年

f:id:tamayosu:20210104190216j:plain

石川商店街にて、石川町出身の漫画家・深谷かほるさんのイラストを発見。

新年あけましておめでとうございます。旧年はたくさんのご縁に恵まれ、本当に充実した1年を送ることが出来ました。まだまだ未熟な自分ではありますが、引き続きよろしくお願いいたします。

 

年末年始の帰省は、やりたいと思っていたことをほとんど叶えることが出来ました。お一人様が気軽に立ち寄れるスペースを作った方、少子高齢化や空き家の増加などの問題のある木の町・森の町で、かつての文化や歴史に注目し、地域おこしに取り組んでいる方にお会いできて本当に良かった。(お時間いただきありがとうございました!ぜひ、これから一緒に活動させてください!)

高校を出てから福島の外で暮らしてきた自分にとって、今の福島はいい意味で大きく変わっていて、今更自分の関わる余地が無いのではと思っていました。でもそれは杞憂で、まだまだ課題は山積み、つまりやれること・やりたいことで溢れていると気づくことが出来ました。

そして何よりの収穫が、木工一筋で生きてきた父と、一緒にモノを作る時間を過ごせたことです。下手くそなりに木工を学んでみて、初めてわかる父の凄さ。何事も当事者にならないと、誰かを理解することは出来ないと実感しました。

 

震災と原発事故から10年の節目を迎える今年、より一層自分のテーマ「木工×αでふくしまと自分の未来を見つめる」の実現に向けて邁進してまいります!

(ブログの方も引き続きよろしくお願いします!)

 

・こぼれ話

 地元石川町の老舗のお菓子屋さんに立ち寄った時の事。「久しぶり」「元気だった?」などの会話が福島弁で飛び交っており、地元に帰ってきたと実感できるとても心地よい空間でした。

 歌人石川啄木の歌にこのような歌があります。

「ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」

I love you and I need you Fukushima!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

年末は有るようで無い

29日から福島に帰ってきています。地元は毎日が楽しいですね、学生時代の先輩・後輩が面白いことをやっているので、飽きずに過ごせます。時間が足りないくらいです。

 

そして何より面白いのが、実家の機械を使って木工ができることです。帰ってきて驚いたことがあり、それは木工機械がかなり充実しているということ。木工を始めるまで、全くその価値に気付きませんでした。僕が木工を始めなければ、いずれ鉄くずになっていたと思うと恐ろしい…

 

さて、ここ数日間は、トリマーテーブルなるものを作っていました。木工をやっている人にはお馴染みですが、これがあるのと無いのでは大分作業効率が違います。

トリマーとは、材料の面を取ったり、溝をついたりできる電動工具です。普通は手に持って使うのですが、これをテーブルに埋め込むことで取り回しが格段に楽になります。

f:id:tamayosu:20201231191034j:image

↑白い枠の穴から、上向きに刃が出ていて、高速回転します。

f:id:tamayosu:20201231185237j:image

↑そり立つガイドは前後に動き、ネジで固定できます。

 

さて、年末なので年末らしい投稿を…という気にはならなくてですね、何故かというと毎日が楽しくて、12月31日もただの月末にしか感じなくなっています(笑)明日は会津地方を中心に大雪ということで、雪が落ち着けばスノーシュートレッキングも良いかなと画策しています。あとは福島県民おなじみのホームセンター、ダイユーエイトでプレミアム商品券買いたいですね。

 

明日も早起きして工場の薪ストーブ点けてコーヒーだない(福島訛り)。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ